RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ワインプロジェクト進行中
北アルプスの山々に雪を見る
遠景に美ヶ原高原を望めるRue de Vin (リュードヴァン)代表 取締役小山英明氏のワイン畑

 青く澄み渡っている空の下、北アルプスの山々に降り積もった雪を見ることができました。手前の山々の頂上には、放送送信用の塔が望めます。その左側には美ヶ原美術館の建物が光を受けて光っていました。
 格別なご馳走である自然の風景が望める山腹で、螢螢紂璽疋凜.鵝並緝充萃役小山英明氏)のワインプロジェクトが進行しています。この地に、小山氏が選ばれたのか小山氏がこの地を選んだのかは別として、互いに高めあっているように感じます。小山氏の情熱に応えるように、ブドウの樹が育っています。両者の作品であるワインの味は、多くの人を惹きつけています。
 ブドウ畑を歩き、ブドウが欲しているものを聞き出しているようです。ブドウが望む生育環境の整備を行い、ブドウがその力を最大限に発揮できるように努めているようです。栽培する側の都合による作業ではなく、作物が何を欲しているのかを読み取り、生育の邪魔をすることを避けた作業工程を組み立てているようです。「やらなければならないことをやっている」と淡々と語る氏の言葉は、綺麗に整備された畑に現れています。除草を行うことは、ぶどうの大敵の一つであるコウモリガによる食害を予防します。コウモリガが産み落とした卵の越冬を助ける草が減ることは、被害を受けてからの作業に比べれば効果的であるといえます。
 ぶどう栽培に限らず、他の作物にも共通していることですが、今年の結果や状況により、将来問題となりそうなところを予測して、事前に対処することは、日々の注意深い観察により実現させることが可能となります。兆候を見逃してしまえば予測による予防は、困難となり、致命的な結果を招く危険性があります。
 おいしいワインの味は、地道な仕事に裏付けられた結果です。
author:せいラボラトリ, category:ワイン作り, 10:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:32
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://myougi.jugem.jp/trackback/644