RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
特別ミネラル栽培の会の農法で無農薬栽培レタスを収穫
冬季栽培レタスの病害対策効果を確認
創意、工夫、努力、忍耐、信頼、チャレンジ、、、数々の言葉が浮かんできます。秋冬季における高冷地におけるハウス内での無農薬レタスの栽培は、多くの危険性を覚悟して行われています。夜間の底冷え(無暖房)と昼間の高温は、病気を蔓延しやすい環境と言えるでしょう。そんな悪条件下での栽培に取り組んでいる生産者の努力は、敬意に当たることです。決して無謀なギャンブルをしているのではありません。可能性へ向けてのチャレンジと言えます。この条件下で栽培されたレタスが病気で死滅せずに収穫できることは、想像を超える喜びです。
農薬散布をする誘惑がなかったのか?と言う疑問の声が聞こえてきそうですが、どんな農薬が病気を止めてくれるのか分からずに農薬散布をすることはできません。病原菌の種類が分かってピンポイントによる農薬防除ができれば効果があるでしょう。しかし、予想が外れた場合のデメリットを考えると安易に農薬散布に踏み切ることこそ、ギャンブル的な要素が拡大することになるのではないでしょうか。
微生物資材では、低温下での持続的効果が期待できません。(秋と言えども5度以下になります。収穫間近である11月下旬には夜間における外気温が氷点下となり、昼間のハウス内温度は摂氏20度前後となります)
このような厳しい条件下において、見事に結球したレタスは、甘くてジューシーです。いやらしい苦味やエグミを感じません。口中に広がるすがすがしい甘さはうれしい味です。人工甘味料では味わうことのできない「うま味」です。無農薬栽培のレタスを食べたいと言う消費者のみならず、農薬アレルギー等でお困りの方々へお届けできる日が近づいていることをお知らせできることができて大変うれしいです。
author:せいラボラトリ, category:健康野菜, 22:00
comments(0), trackbacks(2), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:00
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://myougi.jugem.jp/trackback/62
イチゴの栽培方法(育て方)
イチゴの栽培方法(育て方)イチゴは春先に食べれるようなイメージが多いようですが、ハウス栽培のイチゴはいつでも食べれて、普通に露地栽培のイチゴはゴールデンウェーク明けが収穫時期となります。
自給自足の家庭菜園, 2006/12/08 3:26 PM
北欧産海藻エキス粉末 アルギンゴールドエキス
葉面散布・灌水用 北欧産海藻エキス粉末 アルギンゴールドエキス です。 アルギンゴールドエキス/海藻のエキスの原材料『アスコフィルム・ノドサム』から抽出した濃縮エキスで、100パーセント完全に水に溶けます。 海藻特有のアルギン酸、マンニット...
idechi69のジオログ, 2007/01/17 12:26 PM