RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
観光農業
 消費者に対して直接販売できるメリットがある観光農業は、JAなどの直売場へ並べて販売することになるので、消費者の声を直接聞くことはできません。結果として売れたか売れ残ったかで、判断することになります。観光農園などの場合は、繁盛するかしないか、消費者と直接向き合うことになります。
 果樹の販売は、消費者の指示を受けることができれば安定した収入を得ることができます。しかし、消費者の嗜好を読んで、好まれそうな品種を選定して準備しなくてはなりません。消費者に好まれるものと異なる品種を選定した場合は、消費者離れを受けてしまいます。病気や害虫、鳥害、獣の被害などのリスクを回避することも必要となります。困難な多くの課題を抱えて、ようやく店先に並べることができます。あまりにも多くの課題を抱えているためか、価格が低迷していることが原因なのか、栽培者の減少はとどまることをしりません。果樹栽培は、外敵(獣などの食害)などのことを考えると野菜栽培よりも大変なのかもしれません。
author:せいラボラトリ, category:Saylaboのつぶやき, 23:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:59
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://myougi.jugem.jp/trackback/565