RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
桜花は土壌消毒の季節
こんにゃくの植え付けに備えて土壌消毒が行われます

 桜の花が咲く頃に、蒟蒻(コンニャク)産地の畑ではシマウマのようにポリ製品が広げられて所々白くなります。多くのこんにゃく畑は、連作障害対策として毎年土壌消毒(登録農薬)が行われます。農薬はガス化して土の中にいると想定されている病害菌を殺す目的で土の中に潅柱されます。空中へ飛散すると、効果が劣るので被覆します。この白黒模様は、一週間程度経過した後に、今黒く土が見えている場所に被覆資材が反転されます。土壌消毒を行うことにより、病原菌や害虫、悪性の微生物など多くを死滅させることができると言われています。畑を攪拌して、ガス抜きを行えば、こんにやく芋にガス被害を及ぼす危険性も薄れます。滅菌された畑が完成した後に種芋の植え付けが始まります。
author:せいラボラトリ, category:害虫対策, 11:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:03
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://myougi.jugem.jp/trackback/438