RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
アピオス(ほどいも)の大きさ
アピオスの大きさ
食べ頃のアピオス

 アピオス(ほどいも)は、食べるときに掘りだします。アピオスを洗い、蒸かします。そのまま食べると、山芋のような粘りがありますが、甘くてコクのある味に仕上がりました。(栽培に使用する土壌改良材によって味が異なるとおもいますが、無農薬、無化学肥料で栽培した特別ミネラル栽培におよる当園の場合は、特においしいアピオスに仕上がっていると思います)大小さまざまな大きさのアピオスがあります。大き目のアピオスの皮を剥いて、輪切りにします。白くなったアピオスをオリーブオイルを使い、フライパンできつね色の焦げ目がつく位に焼きます。外側がパリッとして中がしっとりとしています。
author:せいラボラトリ, category:健康野菜, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://myougi.jugem.jp/trackback/360