RSS | ATOM | SEARCH
大根の葉
大根の葉
大根葉で見る生育状況

 大根葉の真ん中部分が真上に伸び、役割を終えた外葉は垂れ下がっています。葉の色は、やや緑が濃くて窒素成分が蓄えられているようです。垂れ下がった葉の一部は、黄色くなって枯れようとしています。化学肥料を一切用いていないぼかし堆肥を用いているのですが、肥料成分としては大根に必要な成分があることを示している状態です。収穫時期を迎えているので、年内に食べる機会を持ちたいと思います。
author:せいラボラトリ, category:やさいの話, 22:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ネギの特性
下仁田ネギの土を寄せてニームケーキパウダー細粒を株元に撒布しました

 下仁田ネギの土寄せをしました。発酵させた堆肥を株間に撒布してから土を上げました。定植後に長雨が続いて、畑に入ることができなかったので作業が遅れていました。梅雨の合間の晴れ間にネギの首が埋まる寸前くらいまで土を上げます。ネギはその特性として、首が土に埋まりそうになると土の上に首を出そうと生長します。ネギの株元には、ネームケーキパウダー細粒を撒布します。秋口にネギの生長に合わせて再度土を上げる予定です。
author:せいラボラトリ, category:やさいの話, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
葱坊主
下仁田ネギの花(通称葱坊主)が咲いています

 アーティスティックな造形の様に見えますが、自然界の作品です。この作品は、下仁田ネギの種を採取するために圃場で管理されています。花を咲かせるとハチが受粉作業を行ってくれます。自家製の種を採るときは、初冬になるべくよさそうなネギを母株として残しておきます。下仁田ネギは、こちらの資材を使用して栽培しています。
author:せいラボラトリ, category:やさいの話, 00:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark