RSS | ATOM | SEARCH
新たな品種への取り組み
グリーンベースのとまと
シマウマのような模様に見えるグリーントマト?

 緑色のとまとが店頭に並べられるようになりました。色々なトマトの色が食べられるようになりましたが、トマトの色が赤やピンク色が主流の時代に育ってきた人間にとっては、黒色や紫色、黄色、イメージが湧かないかもしれません。色だけでなく、大きさもマイクロミニなどの小さな小さなとまとなど形状も多種多様です。とまとの好みが増えていると言うよりも、変わったものを栽培することで新たな消費を掘り起こそうと努力している種苗会社や生産者の努力の賜物といえるかもしれません。どの位の品種が残って行くのか分かりませんが、食べる機会に恵まれることなく消えてしまう品種があるのでしょうね。見つけたら、迷わずに食べてみたいですね。
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 23:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
台風9号の修復作業を行いました
台風9号により被害を受けた土手の補修工事
台風9号による被害箇所の修復工事
台風9号により被害を受けた土手の修復工事

 炎天下での作業を避けて、冬晴れの日を選んで作業を行いました。台風9号の爪あとの修復です。河川の堤防が欠落している箇所や土砂崩れによる通行止めが続いている県道もいたるところに見受けられます。被害を受けている場所が多すぎることが原因のようです。
 今後10年位は同様の被害を出さないように考えて使用する資材を検討して敷設しました。素人の設計施工にしては、そこそこにできたと満足しています。
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
台風9号の被害を受けている作物
台風9号はコンニャクを倒伏させました
台風9号は背丈の低い下仁田ネギも倒伏させました。
台風9号の風は京イモの葉を破ってしまいました

 台風9号が過ぎ去った翌日から、農家は農薬の散布作業に向かっています。群馬県の特産品であるコンニャクの木は、強風にあおられて倒伏しています。中には土際でもみちぎられたものもありました。最初に風が吹いた反対方向に傾いた木は、台風が過ぎ去ると同時に逆方向から吹き付ける風に変わります。当然のことですが、木はその反対方向にあおられてしまいます。コンニャクの木は、地際の土を押しのけるように揺れたため茎の周りに大きな穴を開けています。かろうじて立っている葉も傷ついています。
続きを読む >>
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
台風9号通過の痕跡
台風9号は通行止の看板を設置させました
道路普及が急がれている生活道路に立てられた全面通行止めの看板
畑の中を横切る雨水は畑の土も流してしまいます

 台風の直撃を受けて、地域によっては大きな傷跡を残しています。暴風雨が過ぎた空は、何事もなかったかのように大地に光を降り注いでいます。道路の中央に立てられた通行止めの看板は、台風が生活道路を寸断した証です。
 勾配に沿って流れる伏流水は、一定量が増加すると地表にでてきます。水の力は、耕作している農家の事情を考慮することなく無残にも表土を持って行ってしまいます。緩やかな水の流れは穏やかに見えますが、そのパワーを見せ付けています。
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 12:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
台風通過直後の様子
台風9号により増水した高田川から妙義山を望む
台風9号により増水した高田川から妙義山を望む1
台風9号により増水した高田川から妙義山を背景に上信越自動車道の高架橋を望む

 秋の紅葉シーズンを迎えると、多くの観光客や紅葉狩りの人たちが訪れる妙義山。妙義山のシンボルの一つである「大の字」は、妙義山の主峰、白雲山[はくうんさん]の山腹に建てられています。創建約1500年の歴史を持つ妙義神社の傍らを通り抜けて登ります。
続きを読む >>
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 12:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
台風9号の傷跡
台風9号の傷跡:地滑りで隣家へ崩れ落ちた土砂
境界線の手前に植えられている古い柿木などの根が土砂流出を止めたようです。
台風9号の傷跡:地滑りで隣家へ崩れ落ちた土砂1
台風9号の傷跡:地滑りで隣家へ崩れ落ちた土砂2
老木ではありますが、柿の木に感謝です。

 台風9号は、関東地区を横断して各地に甚大なる被害を及ぼしました。台風の中心が通過する前に雨雲を送り込みました。大量の雨は、山の保水力を上回るものでした。土中に浸みこんだ水は、水路(みずみち)を通って地上に湧き出します。
 平成19年9月6日早朝、隣家から「裏の土手が崩れて家に押し寄せているのですぐ来て欲しい」と言う電話が入りました。
続きを読む >>
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 12:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
台風9号の影響
台風9号の傷跡1
台風9号の傷跡:地滑りで全損した群馬県富岡市妙義町の工場
台風9号の傷跡:地滑りで全損した群馬県富岡市妙義町の工場2
台風9号の傷跡:地滑りで全損した群馬県富岡市妙義町の工場3

 台風9号は各地に大きな被害を及ぼしました。富岡市妙義町に及ぼした被害の状況をお知らせします。この写真は、NHKニュースを始め各テレビ局や新聞でも報道された工場の様子です。豪雨は、山を動かしてしまいました。土砂の力は自然の力を見せ付けています。自然界からの警告として受け止めなければならないのかもしれません。
author:せいラボラトリ, category:台風9号, 12:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark